透明封筒を活用するメリット|制作物を形にするならプロに頼んでキレイに印刷してもらおう
プリンターのイラスト

DMとして印刷も出来る透明封筒をもっと活躍させちゃおう

透明封筒と中身が見えない封筒の差

透明封筒

透明封筒として印刷されたDMなどは、開けなくても中身が見えるので瞬時に見ている側に情報が入ってきやすいです。そのため、開封しないでそのまま放置されるリスクを未然に防げる傾向があります。また、透明封筒はビニールのような素材なので、紙製と違って耐水性があって便利です。

中身が見えない封筒

中身が見えない封筒というのは、中身に何が入っているかわからないサプライズ効果があると言えるでしょう。そのため、開けるまでにドキドキ感を味わえます。また、手紙などの個人的な内容を含む場合にもきちんと包んでもらう効果を持つので効果的だと言えます。

効果的な使い方をしよう

透明封筒は使い方によっては大きな宣伝効果をもたらすものとも言えます。宣伝などをする場合、商品やDMは開封してもらえるように工夫することが大事です。そのため、宣伝効果を高めるためにメリットや特徴を活かして使用していくようにしましょう。

透明封筒を活用するメリット

プリンター

DMとしての活用に向いている

透明封筒は、特にDMとしての活用に向いていると言えます。その理由として、ビニール素材なので紙とは違って水に強いといった点が挙げられます。そのため、汚れに強く郵送などで届くまでの封筒自体の劣化を防いでくれます。そして、封筒の中身が見えることによって何が入っているのか確認できるというメリットがあります。そこで、DMを開封したくなるような広告や割引券などを見える位置に入れるとさらなる効果を得られるでしょう。

バリエーション豊か

透明封筒は、紙と比べて軽くなります。そのため、郵送にかかる費用も抑えられるため、送る側にとってもコスト削減につながります。また、広告効果を狙って中身の印刷代に費用をかけるよりも透明封筒での費用が安いことがわかっています。そして、封筒としてもサイズが豊富なので、希望するサイズに合わせた封筒を選ぶことが出来ます。そういったサイズのバリエーション豊富なところもあって、透明封筒の重要はとても高いものとなっていると言えるでしょう。その他にも、片面だけが紙素材で後ろが透明封筒のタイプも存在します。片面は紙素材なので、通常通りボールペンなどを使用して文字を書くことが出来ます。それを使用すれば、往来と同じように郵送も可能なので大変便利な使い方が出来るでしょう。